シネマティックカフェ in 武蔵野

一つのテーマに関する映画、アニメ、文学、漫画、建築、都市、アート、音楽、サブカル作品をご紹介の後、皆で自由に話し合うあうアートカフェ。初めての方でもアクセス可能な気楽な雰囲気で、テーマを直接定義するのではなく、作品から各回のテーマをどう受け止め、解釈するかを共有します。結論や正解は求めずに、流れるままに・・・。ご参加に専門的知識は不要。視野を広げたい、分野外だけれど少し興味がある、ただ知りたい、聞くだけでいい、という方も歓迎です。これまでのシネマティックカフェおよびテーマ最近話題になっている、様々なかたちの「ケア(すること)」が印象的に描かれた映画・文学、建築、美術作品等をご紹介後、 その意味について皆で気楽に話し合います。

2024年
7月20日(土)18:30-20:00 テーマ:越境(者)【参加者募集中】

映画、文学、美術、建築などで描かれたりテーマやモチーフとなった様々な越境のかたちや越境する人々のことについて気楽に話し合います。

6月22日(土)18:30-20:00 テーマ:夢【参加者募集中】

映画、文学、美術、建築などで描かれたりテーマやモチーフとなった色々な夢について気楽に話し合います。

5月25日(土)18:30-20:00 テーマ:ユートピア【参加者募集中】

「ディストピア」に続き今回は、映画、文学、建築、美術作品等で描かれたさまざまな「ユートピア」をご紹介後、 その意味について皆で気楽に話し合います。「ユートピア」とは理想郷のことですが、先人たちがそれをこれまでどう考え、試みたのかを考えるのはとても興味深いものがあります。どうも決して単なる「ディストピア」の対極的なものともならないようです。さらに、「パラダイス」や「楽園」にも広げて捉えてみるとどうなるか。「ディストピア」の回にご参加頂けなかった方も遠慮なくご参加ください。

240525Vol.37ユートピア
紹介作品参考例(左より):『イエロー・サブマリン』ジョージ・ダニング&ザ・ビートルズ,『東京計画1960』丹下健三,『アメリカン・ユートピア』スパイク・リー,『アルプス建築』ブルーノ・タウト
4月13日(土)13:30-15:00 テーマ:ディストピア

映画、文学、建築、美術作品等で描かれたさまざまな「ディストピア」をご紹介後、 その意味について皆で気楽に話し合います。

240412Vol.36ディストピア2
紹介作品参考例(左より):『侍女の物語』マーガレット・アトウッド,『1984年』ジョージ・オーウェル,『PLAN75』早川千絵,『風の谷のナウシカ』宮崎駿
参加費

500円(資料代含む)

参加方法

事前予約制(定員10名様/定員になり次第締切)

氏名、連絡先を記入のうえ、事前にメールにてご予約下さい

飲み物はご自由にお持ちください

会場

武蔵野プレイス 3F スペースA
東京都武蔵野市境南町2丁目3-18

JR中央線・西武多摩川線武蔵境駅徒歩1分(アクセス