ワークショップ |(re)DISCOVER YOKOHAMA〜ヨコハマ再発見 シーズン2

ヨコハマとはどういう都市?ヨコハマから何が見えるだろう?最近見えにくくなっている「ヨコハマ」を独自の方法で再発見・再定義。映画・文学・アニメ・マンガなどで描かれた横浜独特の都市計画・風景・建築空間・風俗・人などを抽出の後、建築的に再構成・再構築し、横浜内外の参加者が共に語り合う。横浜の都市イメージや未来を展望するユニークな試みです。
 学生、社会人、上記メディアに興味ある方、横浜に関心のある方ならどなたでもご参加可能です。ご参加にあたり、クリエイティブ・スキルの有無や経験は問いません。あなたにとっての「ヨコハマ」を教えてください。2017年秋のセッション(会場:横浜市立大学)をシリーズ・イベントとして通年開催としました。

日時:
2018年
1月14日(日)イントロダクション1 14:00〜16:00
(横浜を舞台にした作品紹介 その1”鶴見川と大岡川”)
2月18日(日)イントロダクション2 14:00〜16:00
(横浜を舞台にした作品紹介 その2”ヨコハマの富めるもの(こと)、貧しきもの(こと)” )
*2月4日(日)から変更になりました。
3月18日(日)イントロダクション3 14:00〜16:00
(横浜を舞台にした作品紹介 その3”ヨコハマで見える、聞こえる、語られる音、音楽”)
4月22日(日)セッション1 14:00〜16:00(ヨコハマMEDIA MAP を作ろう その1ほか)
5月27日(日)セッション1 14:00〜16:00(ヨコハマMEDIA MAP を作ろう その2ほか)
*以降ほぼ月1回開催します。(スケジュールは本ウエブサイト上で順次お知らせします)
* 説明は日本語で行いますが、English speakerの方のご参加も歓迎します。
English speakers are welcomed. Please have a look at our English site.

会場(イントロダクション1および2):
横浜市中村地区センター
横浜市南区中村町4-270
  京浜急行線「黄金町」下車徒歩15分 / 横浜市営地下鉄「阪東橋駅」徒歩10分 ほか
交通・アクセス
会場(イントロダクション3):
横浜市開港記念会館
横浜市中区本町1丁目6番地 
JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)/市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)/みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)
交通・アクセス

参加費:
(一般)1000円、(リピーター、学生、フリー、および未就業者の方)500円(資料代含む)
*イントロダクションは無料

参加者対象:
大学生、社会人、フリー、未就業の方で、ご興味のある方
横浜市内外、神奈川県内外の方
幅広い世代の方のご参加を歓迎します

ワークショプ参加方法:
氏名、所属、連絡先を記入のうえ、事前にメールにてご予約下さい。
*ボランティア・スタッフ募集中(CATの手法や魅力に企画段階より接していただけます)

主催:
シネマティック・アーキテクチャ東京(CAT)

後援:
横浜市芸術文化振興財団

協力:
NPO法人 日本都市計画家協会

参照作品例:

映画
ストロボ・エッジ』、 『ライク・サムワン・イン・ラブ』(2012監督アッバス・キアロスタミ)、 『夜明けの街で』(2011監督若松節朗)、 『インスタント沼』(2009監督三木聡)、 『ヨコハマメリー 』(2006監督中村高寛)、 『私立探偵 濱マイク』、 『スワロウテイル』(1996監督岩井俊二)、 『アトランタ・ブギ 』(1996監督山本政志)、 『居酒屋ゆうれい』(1994監督渡邊孝好)、 『あぶない刑事』(1987-監督長谷部安春ほか)、 『ヨコハマBJブルース』、 『冬の華』(1978監督降旗康男)、 『午後の曳航』(1976監督ルイス・ジョン・カリーノ)、 『野良猫ロック マシン・アニマル』(1970監督長谷部安春)、 『夜霧よ今夜も有難う』、 『月曜日のユカ』、 『乾いた花』(1964監督篠田正浩)、 『天国と地獄』、 『霧笛が俺を呼んでいる』(1960監督山崎徳次郎)、 『どぶ』(1954監督新藤兼人)、 『美空ひばりの 悲しき口笛』(1949監督家城巳代治)、 『港の日本娘』(1933監督家清水宏)、 『非常線の女』(1933監督小津安二郎) ほか

アニメ
『文豪ストレイドッグス』(2014監督五十嵐卓哉)、 『ハマトラ』、 『TARI TARI』(2012監督橋本昌和)、 『コクリコ坂から』、 『東のエデン』、 『絶対少年』(2005監督望月智充)、 『ヨコハマ買出し紀行』(1998/2002監督安濃高志/望月智充) など

小説
横浜大戦争』(2017作蜂須賀敬明)、 『横浜駅SF」、 『横浜1963』(2016作伊東潤)、 『夜行観覧車』(2013作湊かなえ)、 『夜明けの街で』(2004作東野圭吾)、 『居酒屋ゆうれい』(1991作山本昌代)、『花園の迷宮』、 『ハートに火をつけて! だれが消す』(1983作鈴木いずみ)、 『海を見ていたジョニー』(1967作五木寛之)、 『薔薇屋敷』(1967作立原正秋)、 『午後の曳航』、 『かんかん虫は唄う』(1955作吉川英治)、 『幻燈』(1947作山大佛次郎)、 『かめれおん日記』(1947作中島敦)、 『煉瓦女工』(1940作野澤富美子)、 『乙女の港』(1938作川端康成&中里恒子) ほか

マンガ
岡崎に捧ぐ』(2014-作山本さほ)、 『文豪ストレイドッグス』、 『聖♥ドラゴンガール』(1999作松本夏実)、 『ヨコハマ物語』、 『ヨコハマ買い出し紀行』など

音楽
炎と森のカーニバル』(2014歌SEKAI NO OWARI)、 『マリンタワー』(2008歌N.U.)、 『よくある話~喪服の女編~』(2008歌柴咲コウ)、 『ベイブリッジ』(2007歌藤田麻衣子)、 『京浜狂走曲』(2005歌クレイジーケンバンド)、 『桜木町』(2004歌ゆず)、 『港のマリー』(1995歌夏木マリ)、 『本牧メルヘン』(1994歌山崎ハコ)、 『本牧綺談』、 『思い出のスター・ダスト』(1982歌サザンオールスターズ)、 『ヨコハマ・ホンキートンキー・ブルース』(1977歌藤竜也)、 『いま目覚めた子供のように』(1976歌山口百恵)、 『Chinatown』、 『海を見ていた午後』、 『よこはま・たそがれ』(1971歌五木ひろし)、 『ブルーライト・ヨコハマ』、 『伊勢佐木町ブルース』(1968歌青江三奈)、 『上海帰りのリル』(1951歌津村謙)など

*印象的な部分があれば、横浜が一部で描かれるものも対象としています。